闇金融問題はプロに任せましょう

闇金融問題はプロに任せましょう

 

今現在存在する闇金融は、以前と同様荒っぽい取り立てを行う業者と、そうでない業者に分類されます。

 

闇金融と聞けば、職場や自宅に乗り込んで返済を迫るケースを、イメージされるでしょう。

 

もちろん、その様なタイプの闇金融も今尚存在しますが、多くの業者は電話口での取り立て行為以外、目立って手荒な真似をしてこないはずです。

 

闇金融の取り締まりは、今まで強化されてきた経緯があり、またこれからもその傾向は続くことでしょう。警察の厄介になる様な、目立った営業あるいは取り立ては厳禁とされているのです。

 

だからといって、闇金融から逃れるのは決して容易くありません。電話での取り立ては債務者に与えるインパクトが大きく、返済を断り続けるのは至難の業でしょう。

 

相手が実際に取り立てにやってこない場合でも、電話口の脅しだけで、返済を行ってしまう人は結構多いのです。闇金融との交渉はプロに任せて、事態を見守る方が良いでしょう。

 

法律を扱う事務所に駆け込めば、闇金融についての相談を聞き入れ、対処法を提案してもらえるはずです。もちろん、専門家による交渉や手続きがいかに的確であろうとも、ご自分も毅然とした態度で闇金融に対応しなくては、意味のある行為とはならないでしょう。

闇金解決はどんな手続き?

 

●ヤミ金って

 

軽い気持ちでお金を借りて閉まった後に、借りた金融業者かヤミ金だったという場合には最悪です。違法な取り立てや、法外な金利など違法行為で行ってきます。そんな時に頼りになるのは、法律の専門家です。法律家の中には、ヤミ金対策を中心に活動してきた人がいます。頼りなるヤミ金専門の法律家に頼むことで、トラブルを解決することができます。

 

 

●相談・契約・交渉

 

ヤミ金の解決の流れを知っておきましょう。まずお金の借主がヤミ金から借りてしまった場合、ヤミ金専門の法律家に相談に行きます。この場合、無料で相談を行っている法律家を選びましょう。借りた相手はヤミ金だとわかったら、すぐに法律家に相談しましょう。

 

相談に行くと、契約に進みます。相談をしても、信頼できるかどうか判断してから契約をしましょう。法律家の先生が、話しやすいかどうか信頼できるかどうかよく見ておきましょう。

 

その後法律家の先生は、ヤミ金と直接交渉をして解決に至ります。信頼できる先生を選べば、あとは任せておくだけです。

 

 

●まとめ
闇金は違法行為かつ犯罪です。そのため自分一人で抱え込まないでください。法律家の相談は絶対に受けましょう。自分一人で解決できる問題ではありません。迅速な対応がヤミ金解決の鍵です。

闇金いやがらせは司法書士でスムーズ解決

 

最近の日本の社会では、お金が気軽に借りられます。携帯電話やATMで申し込みをするだけで、さっとお金が借りられる便利な社会です。しかし中には闇金の存在があります。彼らは、ちゃんとした貸金業者のような顔をしながら、法外な金利を取り立てたり、嫌がらせをしてお金を搾り取る犯罪者のような集団です。私も彼らの被害に遭っていました。

 

とにかくひどかったのが電話での取り立てでした。ひっきりなしに、取り立ての電話がかかってくるのです。脅迫めいた言葉で私を不安にさせて、何度もお金を取られてしまいました。お金を返せば大丈夫,
と言っていたのにいくら返しても、返したことにはなりません。これが闇金のやり方なのです。

 

闇金の被害に悩んだ私は、どのように対応していいのかわかりませんでした。そんな時に出会ったのが法律事務所の存在です。

 

私は司法書士の世話になりました。初めは法律の専門家だから怒られてしまうのではないかと思っていました。そんなことはなく、話をよく聞いて素早く対応してくれました。

 

今では家族や会社にばれることもなく、無事にお金も返ってきました。

 

どうして早く司法書士の先生に頼まなかったのか、これだけは後悔しています。

 

闇金の嫌がらせに悩んだ人は、闇金解決の得意な司法書士に頼むとすぐに解決するでしょう。

 

 

 

闇金業者も恐れる法律事務所

 

法律事務所を恐れるヤミ金業者は多いものです。

 

ヤミ金は貸金業登録をしておらず、自ら違法運営をしていることを知っています。

 

合法的な話を持ち出されると逆ギレしてくる業者も多いです。

 

利息制限法では実質年率20.0%を超える金利は違法となっています。

 

昔はグレーゾーン金利が存在し、29.2%までの融資は違法にはなりませんでしたが、今は違法金利となる基準が低くなっているのです。

 

10年前の消費者金融のランキングサイトを見ると25.0%などの金利がありましたが、現在のサイトは18.0%が上限になっていることが多いはずです。

 

ほとんどの消費者金融は18.0%以下の金利で貸出をしているのです。

 

ヤミ金の金利は業者が一方的に決めており、中には年率1,000%を超えた設定をしているところもあります。

 

たった数万円を1ヶ月借りただけで、借入額と同額程度の利息が発生する業者は珍しくありません。

 

しかし、金利に関する詳しい知識がなければ、現在の適用金利が合法かどうか判断することが難しいです。

 

悪徳業者に手を出してしまう方は、精神的に相当に追い詰められているケースが少なくありません。

 

今日の食費を用意できないという方までいます。

 

人間は追い詰められると冷静に判断できなくなる生き物です。

 

そうした状況では、金利が高すぎると感じても目先のお金に目が行ってしまうのでしょう。

 

 

 

ヤミ金から借りたお金は、簡単に完済することはできません。

 

そもそも完済させないのが目的であり、延々と利息だけ支払わせるのが手口なのです。

 

完済すると利息が発生しなくなるので、業者としては儲けになりません。

 

そのため、元金を完済させないように工夫してくる業者もあります。

 

完済をしようとしても、担当者がいないなどと嘘をついて後日の扱いとしたり、意味のわからない理由をつけて完済させなかったり。

 

 

 

完済できないヤミ金の悩みは、法律事務所に依頼して解決するのが確実です。

 

司法書士も借金問題の対応が可能ですが、弁護士に依頼したほうがより効果があります。

 

違法金利での貸付は法的に無効であり、債務者は借入金の返済をしなくてよい状態になります。

 

利息の支払いは当然のこと、借りたお金すら返済の義務がなくなるのです。

 

これらは自分で業者側に主張をしても、相手はしてくれないでしょう。

 

法律の専門家である弁護士を通すから効果があるのです。

 

弁護士の力を借りれば、取り立ての悩みも解決できます。

 

すでに取り立てを受けている方は、弁護士に相談してみましょう。