闇金が取り立てに来ていい時間

闇金が取り立てに来ていい時間

 

貸金業者の運営については、貸金業法や金融庁のガイドラインで規制がされていますが、無登録での営業の禁止などもここで取り決めがされています。

 

その中で「取り立て」についてもちゃんとした決まりがあって、暴力的な態度をとる、多くの人数で押しかける、大声をあげて威嚇する、正当な理由なしに勤務先に電話を掛けたり訪問をする、家に張り紙をして周囲のものに明らかにする、本人や保証人意外に返済を迫る、弁護士や司法書士から債務整理の通知を受けているのに催促をする、などこのような行為は法律で禁止されています。

 

そして、取り立ての時間にも明確な規制がありますが、社会通念上に合わせて、不適当と思われる時間には迷惑になるとの判断から、朝の8時から夜の9時以外では催促を行ってはいけない決まりになっています。この法律を知らないと24時間催促に追われて逃げ出さなくてはならなくなりますので、きちんと相手にその旨を伝える必要があります。訪問はもちろんですが、電話やファックスでの取り立ても禁止されています。

 

これに違反すると、貸金業者は2年以下の懲役、または300万円以下の罰金に処せられますので、そのことを告げれば時間外の催促は減ることが多くなります。もし違法な取り立てを受けた場合は、恐喝罪や暴行罪や傷害罪になることもありますので、最寄りの警察署に相談をすることが必要になります。

 

ただし曜日による制限はありませんので、家族がいる日曜日などに来てほしくない場合は、あらかじめ業者に訪問可能な日を伝えておくことも必要です。また法定外の時間でも本人が了解した時間なら取り立てが可能になっています。

 

しかしながらヤミ金業者などの場合は、そのような法律の抜け道を探っていろいろな方法で取り立てようとします。実際に正当な理由があって、8時から21時までは取り立てをしていいわけですから、なにやら理屈をつけて催促されることも考えられます。そのために、契約時にちゃんとした会社かどうかの確認や、契約内容を書面でよく確認する必要があります。

 

もしすでに借金がある場合は、そもそもヤミ金自体が違法ですし、そこに手を付けるまで借金を膨らませた本人にも問題がありますので、難しいことではありますが、放置していればますます状況が悪化しますので、専門の弁護士事務所などでは無料相談を実施しているところもありますし、「過払い金」として逆に払いすぎた利息が返ってくることもありますので、逃げ回らずにすぐに連絡することが重要です。