私の闇金いやがらせ体験談

私の実際にあった闇金取り立ていやがらせ体験談

 

【闇金取立て相談フリーダイヤル】
ウイズユー司法書士事務所
0120-603-075

 

 

 

私の闇金いやがらせ体験談 やみ金嫌がらせ回数と期間は無期限です

お金がないときに、軽い気持ちでお金を借りました。

 

生活費がカツカツだったので、うまくやりくりしようと、町金に手を出してしまったのです。

 

プロミスやモビットのような大手にすればよかったのですが、

 

中小消費者金融で、さらに

 

すると相手がヤミ金だったという経験をしました。

 

ヤミ金自体を私はよく知りませんでした。

 

お金を貸してくれるのはまっとうな業者だと思っていました。

 

しかし、見た目にはわからないものです。

 

お金を借りてから、督促の電話が多くなりした。

 

返すまでの期間がまだ残っているにもかかわらず、

 

一日で電話が20回もかかってくるなど、明らかにおかしいと思いました。

 

携帯の電源切って放置しておいても、自宅まで押しかけて、

 

アパートのドアを蹴り始めました。恐怖を感じるようになりました。

 

友人の勧めで、弁護士に相談することにしました。

 

相談したのはヤミ金対策をしている弁護士事務所でした。

 

弁護士の先生と話してとして安心しました。

 

ヤミ金と戦うには、素人では絶対に無理だと説明してくれました。

 

弁護士の先生にヤミ金の処理をお願いしました。

 

すると、その日のうちに効果が現れました。ヤミ金の取り立てが収まりました。

 

電話もかかってこなくなりました。お金も返さなくていいことなりました。

 

ヤミ金からお金を借りてしまったのは、私の責任です。

 

その後に落ち着いて弁護士に連絡をしてよかったと思います。

 

闇金に悩んでいる人はヤミ金対策の弁護士に事件の処理を依頼しましょう。

 

素人が一人で戦える相手ではありません。

 

今回ウィズユーという司法書士事務所にお願いし、

 

即日でヤミキンの取り立てがやみました。

 

本当に助かりました。

他人にも督促の電話をかけてくる闇金

私の闇金いやがらせ体験談 やみ金嫌がらせ回数と期間は無期限です

闇金とはもう二度と関わりたくない、そう思っています。

 

男女関係にあった男性が闇金からお金を借り入れており、

 

私はそれを知り別れたのですが男性が支払うべき返済を、

 

私に肩代わりさせようと闇金業者から督促の電話が掛かるようになりました。

 

闇金から借り入れている男性本人も、闇金の督促に心も体もボロボロになっており人を騙したり、

 

人を売って返済のお金を作ろうと奔走していました。

 

食べる物が買えずにガリガリに痩せこけ、洋服もズタボロ、闇金からのプレッシャーにより不眠症に陥っており目の周りはクマで真っ黒でした。

 

闇金から借り入れる前の男性は精神的にも余裕があり、他人から慕われる人物だったのですが督促に迫られるようになってからは、

 

結婚詐欺まがいの方法でお金を作ろうとしたり、

 

同情をひいたり、他人に返済を肩代わりさせようとしたり、と人間としての品位が無くなってしまいました。

 

私はどうやら男性に情報を売られたようで闇金から督促の電話が掛かるようになり、

 

女性であり簡単にお金が作れる、という事でしつこくされました。

 

電話口で下品な言葉を浴びせられ、電話だというのに精神的苦痛を負いました。

 

私は男性に司法書士に相談をするよう勧め、司法書士を通じて闇金に退いてもらう事に成功しました。

 

私への督促の電話も無くなり、もっと早く司法書士を勧めておれば良かった、と感じております。

 

私の闇金いやがらせ体験談 やみ金嫌がらせ回数と期間は無期限です

090金融でお金を借りてしまった友人の体験談

 

私の闇金いやがらせ体験談 やみ金嫌がらせ回数と期間は無期限です

私の友人が以前090金融で20万円借りてしまい、

 

いつも利息だけの返済をしていて、とうとう返済日までに返済できなくなってしまったのです。

 

その日から090金融が家の前でずっと友人の帰宅を待っていて、友人は家に帰れず私の家に半月ほど泊まっていました。

 

でもこのままでは解決できませんし、私たちだけではどうする事も出来なかったので弁護士に相談することにしたのです。

 

ただ、知っている弁護士もいないので、弁護士協会に電話をしてヤミ金解決の実績が多い弁護士を紹介して貰いました。

 

早速弁護士事務所に電話をして相談を申込みましたが、ヤミ金の相談は無料ということでした。

 

以前、私は別の相談で弁護士事務所を利用した事がありますが、その時は相談だけで5000円払いました。

 

ただ、ヤミ金の場合は金銭的に困っている方がほとんどなので無料相談に対応している弁護士事務所が多いようです。

 

弁護士事務所に相談してすぐに友人は依頼する事に決めました。

 

数日後、友人は家に戻りましたが、弁護士に依頼した後は、

 

ヤミ金からの電話も一切掛かってこないし、家の前で待っている事もなくなったようです。

 

友人は090金融に軽い気持ちでお金を借りてしまいましたが、

 

090金融の利息は1週間や2週間で1割とかはっきりと期間を言わなかったと聞きました。

 

最初の約束と全然違う事を言ってくるので絶対に利用してはいけません。

 

私の闇金いやがらせ体験談 やみ金嫌がらせ回数と期間は無期限です

キッチリ返済したはずだけど押し貸しされた

私の闇金いやがらせ体験談 やみ金嫌がらせ回数と期間は無期限です

闇金からは絶対借りないほうが良いです。

 

自分は消費者金融からキャッシング出来なくなってしまったのでついつい闇金から借入してしまいました。

 

若気の至りだったのですが、親が最終的にはすべて返済してくれたので、借金は一切なくなったはずでした。

 

しかし、ある時、闇金からいきなり電話がかかってきたのです。

 

お金を貸すことが出来ますと言われましたが、

 

もう借りるつもりはありませんから連絡もしないでくださいと低調に断ったつもりだったのですが、また一週間後連絡が来ました。

 

貸付したお金の返済を一週間以内にしてくださいと。

 

借りたつもりもないので、その旨を伝えたのですが、確かに貸しましたので返済よろしくお願いしますと一方的に電話を切られました。

 

おかしいと思い、その闇金が知ってるであろう自分の口座を確認しに行ってみたら10万円振り込みされていたのです。

 

いろいろ調べてみると押し貸しという行為らしく、借りてもいないのに勝手に口座に振り込まれていて高額な利子と合わせて返済を求められるというものでした。

 

わたしは怖くなって警察に相談しました。

 

これは犯罪ですから警察から闇金に連絡してもらい一応解決したのですが、

 

警察の方から闇金に教えた口座は凍結させるか解約しなさいと言われその指示に従いました。

 

携帯番号も変えたのでそれ以降は闇金からの連絡は一切ありません。

 

 

お金がなくて中絶をしてほしいと旦那に言われた。借金を闇金にしてしまった体験談

 

ヤミ金を利用してしまう人というのは必ずしも浪費家とは限らず、止むに止まれぬ事情があるということが多いものです。

 

旦那のDVによって何でも言うことができない女性が、お金に困って利用をするというケースがあります。

 

DVをふるうような旦那というのは、借金癖があったりする場合が多いのでお金に窮しているということも珍しくありません。

 

 

そのような状態で妊娠をしてしまうととてもではありませんが、出産をするだけの余裕もありませんし育てていく余裕もありません。

 

残された選択肢としては中絶を選ぶしかありませんが、そのための費用がなくお金を貸してくれる場所がないとなれば、ヤミ金に頼らざる得ないケースも出てくるのです。

 

 

 

中絶をするにはタイムリミットがありますから、本来では避けたいこのような場所からの借金もやむにやまれず利用をしてしまうということは決してないことではないのです。

 

本来であれば助けになってくれるはずの旦那が敵になっていて、旦那の借金癖のせいでまともな場所からはお金を借りることができず、最後に行き着くのがヤミ金ということになります。

 

 

 

中絶をすれば身も心も大きなダメージを受けるものですが、それで終わりというわけではなく今度は厳しい取り立てが待ち構えています。

 

中絶をしたばかりで満足に体を動かすこともできず、また旦那も頼りにならないとなれば余計に肉体的にも精神的にもダメージは大きなものとなってしまうのです。

 

そのため、このような旦那に捕まってしまったという女性はどうやっても最悪な未来しかなく、最終的にヤミ金を利用してしまい泥沼にハマり込んでしまうといった事例は数多くあります。

 

 

 

このような状況でまずすべきことというのは、誰かに相談をすることであり法律の専門家である弁護士などに話を聞いてもらうところから始めると良いでしょう。

 

弁護士はお金がかかると思って相談ができないという人も少なくないものですが、困っている人に対して無料で法律相談を請け負ってくれる場所というのは数多くありますから、

 

まずは話を聞いてもらうことが大事なことになります。

 

誰かに窮状を知ってもらうということは非常に重要な事になりますし、いざとなれば助けを求めることができる相手がいるというのは心強いものです。

 

 

 

旦那が頼りにならない以上は外で味方となってくれる人を見つけるのが先決であり、そのような時に法律の専門家である弁護士は非常に心強い味方となってくれるでしょう。