無登録のヤミ金とは?違法業者なのに営業できるもん?

無登録のヤミ金とは?違法業者なのに営業できるもん?

賃金行法第三条では「賃金業を行うためには都道府県の登録を受ける必要がある」と定められています。

 

ヤミ金は、この登録を受けずに無登録で賃金業を行なっている業者のことです。

 

無登録で営業をした場合、賃金法により「10年以下の懲役または3000万円以下の罰金に処される」ことになっています。

 

ヤミ金の被害を重く見た国は刑を重くしていますが、被害はなかなか減っていないのが現状です。

 

ヤミ金は、最初は3万円ほどの小口の資金で貸し付けを行います。そして7?10日くらい経つと6?10割の利息を支払わせる、または貸し付け額の倍の返済を求めてくるという手口を使ってきます。

 

貸し付けを行った本人だけではなく、家族や親戚、職場や友人の連絡先まで聞かれて、返済が滞ったときに連絡先に一斉連絡して強制返済を迫ってきます。

 

以前よりもヤミ金業者に対する規制が強化されたため、携帯電話と他人の預金口座を利用した090金融が主流になっていますが、送金に関しては他人の預金口座への入金だけではなく、様々な手法を使って送金と同じような効果を発生させる業者もいます。

 

090金融以外には、対面取引、小規模業者に対する小切手を使ったシステム金融などを使ってくることもあります。

 

ヤミ金は無登録で営んでいるので、もし返済を迫られても、こちらには返済する義務はありません。存在自体が違法だからです。

 

なので、もし返済を迫られたら脅しに負けないはっきりした態度で断ることが重要です。ただしその場合には危害を加えられる恐れがあるので、早めに解決のプロに相談することが望ましいです。

 

弁護士に相談すれば、請求を止めてもらうことができます。相手の専用の交渉手段があるので、それを利用して止めることが可能です。

 

弁護士は、返済期日がもうすぐという場合でもすぐに対応してくれるところに頼むことが大切です。大手の弁護士事務所などでは、利用者が多すぎてなかなか対応してもらえない場合があるからです。

 

併催期日がすぐという場合には早急に対応する必要があります。

 

返済期日に間に合わずに家族や職場に連絡がいってしまうのに対しても、交渉手段や対応策がいろいろあるので、弁護士の力で止められる可能性があります。ただし、元金も支払っていない場合には相手は強く出てくる可能性があります。

 

できるだけ早めに相談して対応策を練るということがポイントです。

 

無登録のヤミ業者に対しては毅然とした態度で臨むことが大切です。