ヤミ金返済は待った 無料相談で解決

ヤミ金返済は待った 無料相談で解決

ヤミ金返済は待った 無料相談で解決

闇金返済は待った!

 

ウイズユー司法書士事務所

 

闇金問題解決で急ぎの方は電話相談を強くおすすめします。
(相談・通話料無料)
闇金相談フリーダイヤル
0120-603-075

 

 

違法な貸金業者、いわゆる闇金からお金を借りてしまった場合、一刻も早く関係を絶たなくてはいけません。

 

闇金業者は甘い言葉で近づいて親切にお金を貸してくれますが、実態は利用者から金を搾り取ろうとする悪徳業者です。

 

どんなに苦しくとも、闇金にだけは手を出してはいけません。

 

もし闇金からお金を借りてしまった場合、最も大切なのは「これ以上返済しない」ときっぱり闇金側に宣言する強い意志です。

 

裁判所の判例では、闇金からの違法な借り入れに関しては返済義務が無いという判断が下されています。

 

きっぱりと返済を断れば、その時点で返済する必要はなくなるのです。

 

しかし、いくら返済拒否を宣言したとしても、闇金側はあの手この手で何とか借金を取り立てようとしてきます。

 

中には違法な取り立てや脅迫に近い行動がされる可能性もあり、一人で闇金と戦おうとすると身の安全が脅かされてしまいます。

 

闇金解決には、一人で戦うよりも法律の専門家である法律事務所の力を借りるのが賢い方法です。

 

闇金解決を法律事務所に依頼すれば、面倒な手続きや交渉などはすべて代行してもらえます。

 

法律に基づいて専門家が手続きを勧めれば、嫌がらせや悪質な取り立てをされる危険も回避できます。

 

闇金と縁を切りたいのなら、強い意志をもって法律事務所に相談して下さい。

090金融とは?

090金融というのはどういうことでしょう。090とはすぐにお分かりになるでしょう。

 

電話番号ですね。金融業者が仕事で使う電話として、もっぱら携帯電話を使うことから名づけられたようです。

 

ですから080や050など、他の番号から始まる業者もいます。要するに携帯電話のやりとりだけでお金を貸すのです。

 

店舗を通さないのですから証拠を残しにくいものです。何だか怪しいですね。大半はそう思って間違いないです。

 

よく街中でティッシュを配っていますよね。あの中に090金融の広告があるのを見た方がいるかもしれません。

 

もちろん、中にはいい業者もいます。090金融業者は電柱に広告チラシを貼っていることが多いようです。

 

おそらく電柱の管理者には無断で貼っているのではないでしょうか。しかも、違法な高金利で貸します。

 

こういう業者はご注意ください。

 

悪質な者はまだいます。自動で契約できるATMなどのある場所で、

 

社員と名乗る者から呼びかけられ、カードの情報をスキマーなどで読み取られ、クレジットカードで商品を買われたという手口があるそうです。

 

社員と名乗る者はニセモノなんです。いろんな方法で言葉巧みに誘導します。

 

手口は日々変化しています。

 

だまされないと思っても用心してください。

ヤミ問題解決までの流れ

お金を手軽に借りてしまったが、ヤミ金だった場合にはどうすればいいのでしょう。

 

現代にはびこるヤミ金の被害はどんどん広がっています。

 

ヤミ金とのトラブル解決の流れをみていきましょう

 

ヤミ金から借りてしまった人は、ヤミ金から被害を受けます。

 

この段階で警察に連絡をしても期待はできません。

 

警察は民事不介入の原則を取っています。

 

ヤミ金とのトラブルは金の貸し借りという民事事件という使いを受けます。

 

トラブルが事件にならない限り助けてくれません。

 

そんな時、法律の専門家に連絡をしましょう。弁護士や司法書士の先生です。

 

無料相談を受け付けている専門家の人もいますので、積極的に利用しましょう。相談をすると、法律家の人たちと委任契約を結びます。

 

そしてこの契約を基に、ヤミ金と直接交渉してくれます。その結果、トラブルは収まります。

 

法律家の先生が味方にいるとわかれば、ヤミ金は自分たちが訴えられるというリスクを自覚します。

 

このようなリスクを取ってまで、お金を取り立てるのは割に合いません。

 

早いうちに法律家の先生を味方につけておくことが、ヤミ金トラブル解決の重要部分です。

 

ヤミ金から借りてしまった人は早いうちに法律の専門家を頼りましょう。

何に優れた法律事務所なのかを調べる。

闇金にお金を借りてしまった場合、どういう手続きをすればいいのか理解できずに、違法な利息を支払っている人も多数いるのが現実です、

 

闇金が貸し付ける法外な利息、10日で3割や5割などはそもそも出資法に対して違法な貸付になるので支払う必要がありません。

 

しかしながら闇金の恐喝行為の様な違法な取り立てに怯え、利息の支払いを続けるため闇金業者も撲滅出来ることがありません。

 

まず闇金からお金を借りてしまった場合は、闇金問題に強い法律事務所を選び相談する事が先決です 。

 

一番理想的なのは相談が無料で、以来してからの動きも早いのが理想です。

 

また金銭的に余裕がない状態での相談や依頼になるので、着手金や成功報酬も分割払いに対応してくれる法律事務所を探した方が良いです。

 

そんな中現在ネット上で評判が良いのが、ジャパンネット法律事務所です。

 

メールで無料相談が出来て、正式に依頼を行えば即対応し取り立てを停止する事が出来ます。

 

また全国どこでも対応可能な幅広さと、費用の分割にも対応しています。

 

闇金取り扱いの実績も十分で、債務整理や闇金問題に特化した法律事務所となっています。

 

法律事務所を選ぶ際には、何に優れた実績をもつ事務所なのかを良く調べる事も重要になります。

知らずに闇金を利用してしまったら

闇金に悩まされている人たちのことを自己責任だといって冷たくあしらう風潮が蔓延しています。

 

確かに借金は自分の責任において行われる行為ですから自己責任というのも間違いではありませんが、闇金に関しては自己責任という言葉だけで片付けることはできません。

 

闇金被害にあってしまった人の多くは、その業者が闇金であることを知らずに利用してしまった人たちです。無担保低金利を歌って利用者を集め、相手を抜き差しならない状況にまで追い込んでから正体を現すのが闇金の狡猾な手口であり、利用者の多くは闇金ではなく合法な貸金業者であると思い込まされて利用してしまった人たちなのです。

 

知らずに闇金からお金を借りてしまった人たちは、いわば詐欺の被害者です。そのような人たちに自己責任という言葉を投げつけるのは、あまりにも冷たく無責任な態度であるといわざるを得ません。悪質な業者のターゲットになるのは明日の自分かもしれないのですから、違法な闇金業者との戦いは個人の問題ではなく社会全体で取り組むべき問題なのです。

 

知らずに闇金を利用してしまうのは恥ずかしいことではありません。もし自分が利用した貸金業者が善良な仮面をかぶった闇金業者であると気づいたら、速やかに専門の相談窓口に駆け込みましょう。